「カルマをクリアした先にみえるものは何ですか?」への回答

2019年05月16日

「カルマをクリアした先にみえるものは何ですか?」という主旨のご質問をいただきました。ありがとうございます。私の思うところを書きますね。

まず「カルマとは何ぞや」ということですが、私はそれを「課題」だと理解しています。今生における課題です。この世に生まれてくる前に「次の人生(地上での生活)においてはこれとこれとこの課題をクリアするぞ!」のように、自らの意思で、クリアすべき課題を決めたうえで生まれてきます。ですのでその課題をクリアするうえで最適な両親(含、環境)を選んだうえで生まれてくるわけです。「生まれた時点で個々の環境に差があるのは不公平だ」なんて言葉を耳にすることがありますが、そこにはこのような理由があるわけです。さて、開始数秒で既に話がズレました。失礼いたしました。戻します。で、そのカルマですが、絶対に、必ず、今生においてクリアしなければならないというものでもありません。こう書いてしまうとダラけてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、クリアできなかった課題は来世以降も引き続き課題になるということであって、必ずしも今生においてのクリアが必須ということでも無いのです。ただ、いつまで経っても自分で決めた課題をクリアできないということは、いつまで経っても輪廻転生のルーチンから外れることはできないということでもあるわけで、つまり課題を放置することは、自分のためにも宇宙全体のためにもならないということです。
さて、ご質問者様からいただいた「カルマをクリアした先にみえるものは何ですか?」への回答ですが、私の回答は「神界」です。全てのカルマを解消した人間は、神界へ移行するのではないかと思っています。断言すること無く「思っています」という言い方をしているのは、私は神界を見たことが無いからです。見たことが無いのですから断言はできないですよね。あくまでも現時点の私の想像です。カルマをクリアした人間は、神界へと移行するものと思います。
私が思う死後の世界(あの世)とはこうです。まず、死んだ後、つまりは肉体を抜け出した後に、肉体から抜け出した際のショックを和らげるため、そして休憩をするための世界に滞在します。この世界を「サマーランド」や「幽現界」と呼ぶことが多いです。その世界で一定期間を過ごしたあとに移行するのが「幽界」です。これも決まった呼び方はありませんが、そう呼ばれていることが多いです。幽界では生前の出来事の全てを思いかえし、その意味を理解することに終始します。幽界での生活を終えたあとに向かうのは霊界です。霊界の住人は「高級霊」と呼ばれます。つまり、このことを逆に捉えるならば、霊界よりも下層の界に住む住人は「低級霊」ということです。話がズレましたね。戻します。霊界の住人は、誰かの守護霊となったり、自分が住む世界よりも下層の住人に教育を施したりと、他者のために尽くすことをおこなうことが多いように思えます。そしてこの世へ転生してくるのも霊界の住人たちです。この世に転生してきたばかりの人間、つまりは赤ちゃんのことですが、赤ちゃんとは限りなく高級霊に近い存在ということになります。なんとなく、分かる気がしませんか?
つまり人間とは、霊界から降りてきて、この世で肉体を持ったまま生活をし、肉体を脱ぎすててサマーランドへと帰っていくことを繰り返しています。それを繰り返すことで自分の魂を磨き続けます。これが輪廻転生です。魂を磨いて磨いて磨き切ったとき、人間は霊界の上の世界、つまりは神界へと到達し、輪廻転生のサイクルから外れるのだと思います。おそらくは。

以上が現時点の私からの回答です。

本サイトにおいて掲載されているすべての文章ならびに画像の著作権は、安西ヒーリングに帰属しています。安西ヒーリングの許可無く掲載内容の一部およびすべてを複製、転載または配布、印刷など、第三者の利用に供することを禁止します。
© ANZAI HEALING.