思い込みの大切さ

いまからけっこう大それたことを書きますよ。なので話半分で読んでくださいね。

いやね、この人生を思うように生きて行くためには、思い込みをうまく利用することが鍵となると思っているのです。思い込み?そう、思い込みです。
たとえば僕の場合、20代後半になった頃に「人生の転機には僕を正しい方向に導いてくれるキーマンが必ず現れる」ということに気づきました。それまでに何度かの転機を経験しているのですが、思い返してみると、僕は求めていないにも関わらず、必ず誰かが現れて、僕を正しい方向へ導いてくれていたのです。それに気づいてからは「頑張ってさえいれば必ず誰かが見ていてくれているから大丈夫。」と思えるようになりました。ですので僕は何年も先のことなど全く心配していません。いま目の前にあることに一生懸命になっていれば、たとえうまく行かなくなった場合でも、どこからともなく誰かが現れて、手助けをしてくれて、道は勝手に開いてくれるのです。なのでむしろ先のことなど考えていない方がうまくいくのです。これを僕は心の底から信じています。言い方を変えると、そう思い込んでいます。20代後半からの約20年間、この「僕は大丈夫」との思い込みにより、きちんと生きてこれています。

もうちょい分かりやすく書きましょうか。たとえば何か欲しいものがある場合、それがお金でも異性とのお付き合いでも何でもいいんですけど、それを思い込むことで手に入れやすくなります。ここで大事なのはふたつあって、「身の程を知る」ということと、「強く念じる」ということです。身の程を知るってのはちょっと言いすぎた感はありますが、要は、例えば貯蓄が100円の人が明日10億円手に入れたいと思ってもなかなか難しいぞということです。10億円では無く、100円を150円にしたいというところから始めるとベターだということです。異性の場合も同じで、面識も無いにも関わらず俳優さんやアイドルと付き合いたいと思っても難しいですよね。ですので何らかの努力をしたうえでお近づきになり、そのうえで思い込む、つまりはそのお相手とお付き合いして結婚して共に歳をとってお墓に入るところまでを当たり前のように心に思い描くことができるようになれば、うまく行く可能性は高まると思います。知らんけど。
でね、「強く念じる」というところが人それぞれなのでこれはもういろいろやってみて自分にしっくりくるものを見つけていただくしか無いなと思っているのですが、パターンとしてはふたつあって、ひとつは「強く念じたら全てを忘れる」というもので、もうひとつは「ひとときも忘れることなく念じ続ける」というものです。前者は「これでもか!!」とばかりにその思いを強く念じ、それが終わったらそのことの一切を忘れてしまうというものです。「手放す」ということですね。後者は文字通りですが、何をしているときでもその思いを頭の片隅に置いたまま決して忘れないというものです。

というように、まずは努力してある程度の現実を作りだし、それができたらあとは強く念じると。それがね、欲しいものを手にいれる方法、つまりは人生を思うように生きて行く方法です。欲しいものって物質だけじゃー無いですよね。ですのでこの方法というか理論というか、それを使えば自分で描いた通りの人生に近づけると思います。
「どうせ自分にはできっこ無い」とか「あいつは優秀だから」なんてことを考えるのは自由ですし止めもしませんが、人が思うことってあなどれないというか、力を持っているというか、バカにできないものだと思うのです。おそらくは、思いってのは目に見えないくらいに小さいだけであって、実際には物質だと思うのです。物質だからモノに影響を与えることができるものなのです。ですのでマイナスなことを考えている時間があるのなら、自分にとって有益なことを頭の中に思い描き、それを心に擦りこむ方が得策と思えます。