結界

昨日はいざというときにお世話になっているトレーナーさんのところへ身体のメンテナンスをしていただきに行きました。本来であればその前日に予約をしていたのですが、先生側のダブルブッキングが発覚したため、急きょ昨日の日中に僕の予約をねじ込んでいただいたということです。人気のある先生ですので昨日の時点で予約は3カ月待ちとのことでしたが、昨日はお盆休みを取るつもりで空けていたとのことで、そこに僕の予約を入れていただきました。もともと妻も久しぶりに先生のところで身体を診ていただきたいと言っていたのですが、先生のご厚意により「家族全員でいらしてください」とのことになり、家族全員でメンテナンスをしていただくことになりました。せっかくお休みをされる予定だったにも関わらず我が家のためにほぼ一日を空けてくださることになり、逆に申し訳なかったです。

実は今回のダブルブッキングには少々思い当たるフシがありました。先生のオフィスがある地域一帯には結界が張られていると言われています。その地域の結界の詳細については省きますが、先生曰く、その結界の影響により、先生のオフィスにたどり着けない方が少なからずいらっしゃるそうです。オフィスどころかその地域にすら入ることができないと。たとえば予約の当日に病気になったり、交通機関に問題が生じたり、道を間違えたりと、とにかく邪魔が入ると。ですので僕が初めて先生のオフィスを訪れた際には「よく来れましたね(笑)」と言われたほどです。
で、今回は11(日)の16時に予約を入れていたのですが、家を出る1時間ほど前から頭痛と倦怠感が出始めました。結界のことが頭をよぎり「もしや…」と思いましたが、僕はこれまでに何度も先生のオフィスを訪れているのでそれ(結界)では無いだろうと。では何なのか。単純に体調が悪くなっただけなのか、それとも見えない力で「今日は止めた方がいい」と言われているのか。理由は明確には分かりませんでしたが、とにかくできる対処はしておこうとのことで、頭痛薬を飲み、キューピーコーワゴールドドリンクを飲み、車に乗るまえには身を守るための真言を唱え、万全の体制で先生のオフィスに向かいました。で、結果は先生側のダブルブッキングと。なるほどなと。「行くな」ということでは無く「行かなくていい」ということだったのかなと。ですので施術日変更のお願いをされても特に驚きも怒りも悲しみもありませんでした。「答え合わせができたわ」くらいのものでした。逆に翌日へとリスケされたことにより、本来であればあと数か月は待たなければならなかった妻も僕と一緒に施術を受けることができましたし、良いことづくめでした。

今になって考えてみると、僕の体調不良はその土地の結界によるものでは無く、単に僕の危機察知能力によるものだと思えます。ヒーリングやカウンセリングを休止させていただいてから7年以上が経過し、その間、少なからずその能力と言いますか、コツと言いますか、そのあたりのものが低下した感覚がありました。でもここ最近はそれが回復してきているように思えるのです。今回のそれも、そのうちの一つのように思えます。今回先生に身体を整えていただいたことにより、身体のなかのエネルギーの流れも正されたように思います。こうやって少しずつ、完全復活へ近づいて行ければと思っています。