パワースポット

10年ほど前、ひとりで軽井沢に旅行に行きました。以前から泊まってみたかったHリゾートさんが経営するホテルに二泊し、日頃の疲れを癒しました。
性格上、あらかじめ予定を立てての旅は苦手なもので軽井沢でも行き当たりばったりの行動をしていましたが、最終日になり「長野って何があったっけなぁ…」と考えた結果、頭に浮かんだのが分杭峠でした。分杭峠とは「ゼロ磁場」のパワースポットで、所謂「気場」として知られた場所です。長野のどこにあるのかも知りませんでしたが、ナビがあるから何とかなるだろうとのことで向かってみました。
長野って広いですね。行けども行けどもまるで到着する気がしませんでした。後で知ったことですが、軽井沢と分杭峠はかなり離れていたようです。おそらくは横浜と富士山くらい離れているのではなかろうかと。そりゃいつまで経っても到着しないはずです。

かなりの時間をかけて山道を抜け、ようやく目的地に到着しました。平日の午前中でしたが、既に数十名の方がいらっしゃいました。山の斜面を削ったような場所に小さい丸太を切って作ったようなベンチがあり、皆そこに並んで座っていました。「うわぁ…」と思いました。いや、見た目が。僕はそこには入れないなと。そもそもここはパワースポットのはずだけれど特に何も感じないぞということもあり、その場所へは近寄りませんでした。で、「実は滝の前の方がパワーが強い」とどこかに書いてあったことを覚えていたので、その滝とやらを探すことにしました。看板は見当たりませんでしたが、なんとなく坂道を登り、10分も歩いたのかな、まずまず歩いたところに滝はありました。そこにも数台の車とともに10名ほどの先客がいました。「先生」なんて声をかけているので、何かしらの団体さんなのでしょう。その方々の脇を通り、滝の前に数十秒ほど立ってみましたが、僕が鈍感なのか何なのか、よく分かりませんでした。
せっかく来たのになぁ、なんてことを思いながら歩いてきた道を戻りましたが、数分歩いたところで身体の左側に微妙な心地よさを感じました。「なんだ?」と思い立ち止まって振り返ると、かなりの小規模ではありますが、山の傾斜に沿って水が流れ落ちている場所がありました。改めてその場所の前で静止してみたところ、やはりそこでした、心地よさの発信源は。単なる道の途中ですのでその場所には僕以外は誰もいませんでした。時間にして1~2分ほどでしょうか。その場所に立って「気」をもらい、分杭峠を後にしました。

全くの私見ですが、パワースポットってものは本当にあるのだろうとは思いますが、そこに集まる人が持ち込むモノによって、その場が持つ本来のパワーは失われるんじゃなかろうかと。もしくは移動してしまうとか。僕の感覚だけが正しいとは思いませんが、斜面のベンチにも滝の前にも正のパワーらしきものを感じ取ることはできませんでした。それに比べて、あの水が滴り落ちる「名も無き場所」の方が心地よいものを発していました。それも僕と土地とのマッチングの問題かもしれませんけども。