閃いた

「閃いた!」と思いましたが、冷静に考えるとイマイチかもしれないと思えてきました。
いやね、現在の安西ヒーリングのサービスは遠隔ヒーリングのみとさせていただいていますよね。対面でおこなうヒーリングやカウンセリングは準備中とさせていただいています。その理由は皆さまをお迎えするための場所が見つかっていないためです。「ここだ!」という物件がなかなか見つからないのです。で、昨日の夜唐突に閃いたのは、賃貸物件を探すのでは無く、少し大きめの車を購入してその中でやればいいんじゃね?ということです。所謂ワンボックスカーやキャンピングカーを購入して、そこを安西ヒーリングの活動場所とすればいいのかなと、そんなことを思ったのです。賃貸物件は空きが無ければお借りすることはできませんし、都内ですと賃料もなかなかのものです。それに比べると、車は初期投資こそ大きいですが、(車種にもよりますが)資産にもなります。いざというときの避難場所にもなります。仕事として使うのですから、いくらかは経費で落とすこともできると思います。ほら、なんて素敵なんでしょうと思ったのですが、冒頭にも書いたとおり、ちょっとコレ、イマイチかもしれません。高価なワンボックスカーにお乗りの方2名にリサーチをしてみたのですが、お二人とも「あんなところに何時間もいられない」と言うのです。車のなかでは仕事はできないと言います。椅子を対面にすればカウンセリングはできますし、二列目と三列目のシートをフルフラットにすればヒーリングもできるでしょうからグッドアイデアだと思ったのですが、やはり車は車、ということでしょうか。冷静に考えればエンジンをかけっぱなしにしておくのもいかがなものかと思えますし、お越しいただく方が女性の場合、車という狭い空間に私とふたりきりというのも危険な印象を与えてしまうかなとも思えますし、やはり地道に賃貸物件を探し続けた方が無難なのかなぁと思えてきました。いいアイデアだと思ったんですけどねぇ。