生まれる理由

僕だけだと思っていたのですが、どうも僕以外の方々も似たようなことを考えるらしいことが分かりました。何のことかというと、死を身近に意識した人が考えることです。

僕の舌に癌が見つかったのは2016年の6月です。1か月ほど放置したのち、楽しみにしていた妻との沖縄旅行を終えてから、そのことを妻に伝えました。「たぶん癌なんだよね」と。
新宿にある耳鼻科へ行き、「ああ、これは…」とその可能性をお伝えいただくとともに大きな病院への紹介状を書いてもらい、大きな病院での診察と診断を受け、その結果を受けてさらに大きな病院を紹介していただき、その大きな病院で2016年の8月に舌癌の手術を受けました。ステージ2でしたのでさほど切羽詰まったものではありませんでしたが、それでもやはり死を意識しました。
そのときに頭に浮かんでいたのは家族のことと生き方のことでした。今まで僕は周りの人間に優しくしてこれただろうか。退院したら妻とともにどこへ出かけようか、何をしようか。そんなことを考えていました。優しくする対象となる「周りの人間」とは不特定多数では無く、ごく親しい人間だけです。両手で数えられるほどの人の顔だけが、自然と頭のなかに浮かびました。妻と共にでかけたい場所とは、特別な場所では無く、近所の公園だったりスーパーだったりと、ごく身近な場所ばかりでした。そして「星空を眺める」や「語り合う」などの経験ですね、そんな経験を積み重ねて行きたいと思いました。普段の僕なら「あんな車に乗りたい」やら「ステーキを食べに行きたい」なんてことを考えるだろうと思うのですが、そういった物質的な欲求は皆無であり、頭に浮かぶことはどれも精神的なものであり、とても身近なものばかりでした。
おそらくは、それが僕の生きる目的とでも言いますか、使命とでも言いますか、そういうものなんだろうなと今は思っています。周りの人間に対して優しくすることと、体験を通して心を豊かにすること。これが僕がこの世で行いたいと思っていることなんだろうなと。

死に直面した方の多くが僕と同じようなことをお考えになるようです。ということはつまり、人間がこの世に生まれてくる理由とは、そのあたりのところにあるんじゃないのかなと思えます。