審神者体験

1か月ぶりの日記です。こことは別に個人的な日記を書いているブログがありまして、そちらのブログは常時更新をしているのですが、こちらの日記はですね、どうもこう真面目なことを書かないとイカンかなという思いが出てきてしまいまして、なかなか更新できずにおります。真面目なことばかり書く必要なんて無いことは分かってはいるのですが、なんだかこう、筆が進まないと言いますか、キーボードが進まないと言いますか、そんな感じです。

さて、前回の日記と同様、今月もまた勉強会に参加をさせていただきましたので、そのお話をね、書ける範囲でさせていただきますね。
前回は巫女役として私の身体に霊魂を降ろしていただきましたが、今回は審神者(さにわ)役をさせていただきました。審神者ってのは何かと言いますと…まぁそこにはいろいろな意味があるのですが、今回の勉強会で言うところの審神者とは、高級霊との共同作業によって巫女に霊魂を降ろしたうえでその霊魂を浄化へと後押しさせていただく役割とでも言いましょうか、そのあたりの役割を担う人のことです。少しもやっとしましたが、例えば「審神者をする」のようにその行為のことを審神者ということもありますし、単純に役割のことを指すこともありますし、その範囲もまちまちですし、まぁいろいろなんですよ。とにかくは今回は高級霊との共同作業によって巫女に霊魂を降ろす云々の係をさせていただいたわけですが、一言で言えばまぁ難しかったです。常に意識レベルでは高級霊とコンタクトを取りながら巫女…と言いますか、巫女の中に入っている霊魂とは言語でのやり取りをするわけでその同時進行が難しいですし、それ以前に霊界に関するしっかりとした知識が無ければ霊魂の浄化の後押しをさせていただくことは難しいでしょうし、そもそも巫女の中に入る霊魂は自分の意思で入っていないことがほとんどでこちらとの会話を望んで来たわけでは無いのです。私は産業カウンセラーの資格を取得した経験があるので「対話をする」ということについては未経験ではありませんが、相手がそのような霊魂となるとね、なかなか難しいです。あちらからお願いされてお話をするのであればいくらか楽かもしれないですけども。仲間たちや先生方にフォローいただきながら、なんとか浄霊にまで至ることはできました。
いやー、難しい。10段階で言えば、まだ2くらいのことしかできていません。これまでにおこなったきたスピリチュアル・カウンセリングの手法とはまるで異なるものですのでできなくても当たり前なのでしょうけれど、それでもやはりスピリチュアルの世界に片足を突っ込んで生きてきた人間ですのでね、もっとね、しっかりしなきゃイカンなと思っています。
今後も素晴らしい仲間たちとともに切磋琢磨しあえればなと言いますか、頑張ってついていかないとなと思っています。