危険なこと

スピリチュアルと言っていいのか、精神世界と言うべきか、そのあたりのことはいまいち分かりませんが、そのあたりのことが好きな方って少なく無いですよね。それを公言する方は少ないですけど、実際にはなかなかな数の方がいらっしゃると思っています。それはそれで良いのですが、そんななか、僕が日頃から思っているのは、スピリチュアルやら精神世界を追求するということは危険がつきまとうものだということをご存知の方はどれくらいいらっしゃるのかなかということです。
僕の例を挙げましょうか。僕はこんなことを始めて(公言して)から既に16~7年ほど経っているものと思いますが、それでもこんな目に合うんだよということで。

所謂「セッション」をしている最中のことです。集中してセッションをしているなか、少しだけ気を抜いた瞬間がありました。するとね、身体が揺れ始めた感覚があったのです。「あれ?地震かな?」と思い周囲に目を配りましたが、どうも地震では無いようなのです。その揺れは徐々に大きくなってきたと言いますか、脳天を軸として時計回りにぐるぐると身体が回転し始めたのです。こんなに揺れているのにそばにいる人からは何の指摘も無かったのでおかしいなとは思ったのですが、ハッと気づきました。これ、身体が揺れているわけじゃ無いんだなと。悪意のある霊魂が僕の身体に入ろうとしてるんだなと。エネルギーって回転してるんですよ。僕の身体が右回りに回転しているように感じるということはなんらかのエネルギーが僕の脳天から入ってきているということであり、そのときの感覚によると、それは悪意のある霊魂だろうなと思えたのです。実際、揺れている最中は意識が遠のくような感覚もあったので、とにかく意識が飛ばないように気を入れなおし、その状況から抜け出しました。その脱出劇の間、周りの人は一切反応をしていなかったので、おそらくは誰からも気づかれ無かったんだろうと思います。つまりは見た目は変わらなかったと。

一般の方が身を危険に置きやすいのは、瞑想をしている最中だと思います。瞑想している最中って無防備なんですよ。その人の状況とその場の状況との二つが合致すれば、僕に起きたことと同じことが起きると思います。だから慣れないうちは信頼できる方にそばについてもらった状況で瞑想をすべきと思います。実際、普段からさ、自分の頭に浮かんだことが本当に自分で考えたことなのかって分からないと思うんです。分からないですよね?自分のものでは無い可能性ってあるんですよ。ただそれは悪いことだけでは無く良いものが入ってくることもあるのですが、言いたいのは、それくらい簡単に入られちゃうものなんですよ、ということです。なのでね、スピリチュアルや精神世界に興味を持つことは悪いことでは無いと思いますが、重々注意しましょうね、ということです。