祈りと遠隔ヒーリング

前回のブログにて、無料で祈りを捧げるサービスを開始したことを書きました。安西ヒーリングとしてでは無く、匿名で行っているサービスです。申し込みの具合はというと、ボチボチです(笑)。

「祈り」と言うと、神社で神様にお祈りをしたり、仏壇に手を合わせるなんてことを思い浮かべる方が多いかと思います。ご依頼をいただいた後、僕はどのように動いているのかというと、まずは精神統一をしています。精神統一をして、僕の意識がなるべく無に近づくよう調整します。人間である以上完全な無は難しいので、ボチボチ程度に無に近づきます。時間にするとだいたい10~20分くらいかな。で、ボチボチ無に近づいたと感じられたら意識をお申込みいただいた方に向けます。お申込み時に「お住まいの地域」と「お名前(ニックネーム)」の情報しかいただいていないので、どこの誰から何の目的でお申込みをいただいているのかは分かりませんが、まぁだいたい分かるものです。とはいえそのあたりのことはさほど重要では無いのでスルーして(間違っていることもあるので)、その方に対して適切なバックアップが与えられるよう祈りを捧げています。祈りを向けるのは「神様」です。僕が思う「神様」に対して祈っています。
この工程って、実は遠隔ヒーリングと同じなんです。ですので遠隔ヒーリングと同じことを無料でおこなっているということです。遠隔ヒーリングと異なる点は、個人情報を伺っていないこと、日時を決めていないこと、単回で終了すること、フィードバックをしないこと、でしょうか。遠隔ヒーリングにおいて重要なのは、ヒーリングをおこなう対象をより具体的に思い浮かべることだと思っています。もちろん他にも「ヒーリングを受け入れる意思の確認」や「タイミング」なんてものもあるのですが、最重要はそこじゃなかろうかと思っています。ですので遠隔ヒーリングの場合はお申込みの時点で個人情報をお伺いするんですね。想像しやすいので。でも祈りのサービスにおいてはそれをやっていません。なぜか。それは「神様はすべてお見通し」だと思えるからです。そもそも遠隔ヒーリングを行うのは僕では無く(僕が思う)神様です。ですので僕の方で細かく情報を収集しなくてもいいと思えるんですよね。もちろんいただける情報はいただいておいた方がイメージはしやすいですが、「必須か?」と言われればそうでは無いとも思えます。お天道様は見ていますから。個人情報をいただいてしまうと無料での提供も厳しくなりますしね。あと、遠隔ヒーリングにおいては日時を決めておこなうことが多いですが、それも必須とは思えないんですよね。日時を決めてその時間は寝るなり椅子に座るなりリラックスしておいていただければ遠隔でエネルギーが届いている様子をリアルタイムで感じやすくはなります。でもそれも必須とは思えず。祈りのサービスにおいては日時を決めてしまうとその日のその時間は(僕が)拘束されてしまうことになるので、これまた無料での提供は難しくなってしまうんですよね。小さい子供がいるので時間を決めるのが難しいということもあり。おそらく皆さんが希望する時間帯って、子供の寝かしつけの時間帯と被ると思えまして。

ということで、僕のなかでは「祈りのサービス」も「遠隔ヒーリング」も同じです。「どちらがいいの?」と問われてもどちらにも利点があるので難しいところですが、上に書いたような違いはあれど、僕がやっていることには違いは無いんですよね。祈りも遠隔も深いところまで意識を沈めたうえでおこなっています。ですのでそれをやっている僕も気持ちがいいと。僕にとっても利点があるんですね。
祈りのサービスにご興味をお持ちの方は以下リンクをどうぞ。
https://inorinochikara.com/