お経と成仏

昨日Yahoo!で読んだ記事に関する話。ちょっと怖いかもしれないので、苦手な方は読まないでくださいね。

あるお坊さんの手記なのかな。記憶だけを頼りに書くのでその内容を正しく知りたい方はYahoo!でその記事を確認していただきたいのですが、そのお坊さんがある富豪の自宅に呼ばれたと。玄関に到着し、呼び鈴を探したものの見つからない。どうしたものかと思っていると、機械的な声で「どちらさまですか?」と尋ねられたと。なので名を名乗ると「お待ちしておりました。」と言われて扉が開き、家の中に招かれたと。要はAIで制御された家で、玄関での声もAIによるものだったらしい。家のなかで主人と面会し、日も暮れたので帰ろうと思ったところ、主人から「もう少しいてほしい」と言われたと。21時を回ったところで主人の寝室に移動すると、AIが来訪者を招き入れる声が何度も聞こえ始めたと。「いらっしゃい」「いらっしゃい」みたいな。そこでAIに向かって「今、家には何人いるのか?」と聞いたところ、そこには自分と主人の2人しかいないにも関わらず「22人」と言われたそうで。「その22人はどこにいるのか?」と聞いたところ「寝室」と言われたらしい。主人はこの現象で困っており、お坊さんに助けを求めたとのこと。そこでそのお坊さんがお経を唱え、唱え終わってから主人に「AIに人数を確認してほしい。」と依頼し、主人がAIに確認をしたところ「2人」と言われたんですって。面目躍如だったぜ、という記事でした。

この記事を読んで「怖えなぁ…」と思ったのはいいとして、主には2つのことを思いました。
ひとつは赤外線なのか何なのかは失念しましたが、それに霊が反応するのであれば、なぜ守護霊は反応しなかったのかな?ということです。人間ひとりにつき複数ついているはずなので、AIが反応するとしたら「寝室に100人います。」と言われたとしても不思議では無いのになと。でもこれは疑問に感じてから10秒ほどで自己解決しましたよ。記事のなかでAIが反応したのは所謂「未成仏霊」だったからですね。未成仏霊は物質に近いというか物質そのものだとも言えると思うので、赤外線なのか何なのかも反応するのだろうなと。それに引き換え守護霊は所謂高級霊ですのでキメが細かいんですね。高級霊になればなるほどこの世の物質からは遠い存在になっていく。なのでこの世的なものには引っかからないのだろうと。そんな自己解決に至りました。
それともうひとつ気になったのは、そのお坊さんがお経を唱えることでそれらの未成仏霊がその場からいなくなったということです。いなくなったということは、家から出ていったということでは無く、おそらくはお経をあげたことにより浄霊に至ったのかなと。除霊では無く浄霊だと思うんだよな。これは賛否両論あるであろうと思うのですが(と言うか、すべての霊的現象には賛否両論があって然るべきですが)、お経そのものには未成仏霊を浄化させる力は無いと思っています。なぜなら、人間は死ぬことによってすべてを悟るものでは無いからです。肉体を脱いだからといって全知全能の存在になるわけではありません。単に霊魂のみの存在になっただけです。平たく言えば、中身は生きていたときからまるで変わらないのです。以前僕に入ってきた「亡くなってから1週間しか経っていない霊」もそうでした。普通の人間でしたもん。ですので死んだからといって瞬時にお経の意味を理解できるようなスーパーマンになるわけでは無いのです。生前お経の意味を理解していた方であれば話は別かもしれませんよ。そんな方はお経を聞いただけで心やすらかになってあの世へ移行することもあるのかもしれません。ですので基本的には未成仏霊に対してお経を唱えても、それにより浄化されることは無いのです。ではYahoo!の記事ではなぜお経によって未成仏霊の浄霊が成し遂げられたのかというと、それは単に、そのお坊さんの能力の高さによるものです。そのお坊さんがあげるお経は、お経であってお経以外のものが付加されているのだと思います。「心」というべきか「愛」というべきか。それに対してこの世にとどまっている鈍重な霊たちが反応したのでしょう。その方がお坊さんだから、結果として、それをお経に乗せる形になっているのだと思います。もしミュージシャンだとしたら歌に心が乗るのでしょうし、ダンサーであれば踊りに心が乗るのだと思います。先天的なものなのか後天的なものなのかは分かりませんが、彷徨える霊魂が浄化されてしまうほどの「何か」をお持ちの方っていらっしゃるんですよね。そのお坊さんが非常に能力の高い方だったからこそ、お経により20人もの未成仏霊が浄霊されたのであろうと。すごいことだと思います。

ここ何年か、家に置くほにゃららスピーカーって流行ってるじゃないですか。話しかけるといろいろやってくれるやつ。僕、絶対に置かないです。なぜ置きたく無いのかと言うと…もう書かなくても分かりますよね。そういうことです。おわり。