私について – 20代

20代になると、それまではやろうとも思ってもいなかった「自分の身に起きたことを確認する」という作業をおこなうようになりました。ひとつ、例を挙げます。

男女4名でファミリーレストランで食事をしていた際、私の正面に座った女性の顔が気になり始めました。宮崎出身のとてもかわいい後輩で、肌は若干褐色で彫りが深く…ということでは無く、眼鏡をかけていない彼女の顔に、眼鏡が見える気がするのです。いや、実際には見えてはいないのです。見えてはいないものの、そこに眼鏡があると思えてなりません。それまでにも同様のこと、つまり「なぜかは分からないけれど気になってしゃーないこと」はありました。しかしそれは全て気のせいだと思い、放置していました。なにせ目には見えていないんですから。でもそのときはどうにも気になって仕方がなかったので、思い切って聞いてみることにしました。視力が弱いのかと聞くと、彼女はそうだと言います。コンタクトレンズを付けていると。では子供の頃は眼鏡をかけていたのかと聞くと、その通りだと。その眼鏡は縁が針金のように細くて赤いものかと聞くと、どうして知ってるのかと驚いていました。と言いますか、逆に私が驚きました。やはり自分には「見えて」いたのかと。
後日、見えていたことはいいとして、ではなぜそれが自分には見えたのかの理由が知りたくなりました。後輩の女性が子供の頃にかけていた眼鏡が見えたとして、それが何なのかと。そのことが理解できるまでに…どれくらいかかったでしょうか、さすがに失念しましたが、数年かかったことは確かです。彼女のプライベートに関わることなので詳細は割愛しますが、どうも彼女の守護霊(だと私は思っている)は、彼女に昔のことを思い出してもらいたかったようです。子供の頃に大切にしていたこと、習慣にしていたことを思い出し、それを大学生となり横浜に出てきた今も実践してほしいと思っていたようです。ファミレスで会ってから数年後、幼い頃と同様の道に進んだ彼女を見て、あの眼鏡の意味が理解できた次第です。

次回は30代の頃のことを書きたく思います。自分にとって、この分野でのことが大きく動いたのが30代です。できれば現在に至るまで書ければいいなと。