思い込みの大切さ

いまからけっこう大それたことを書きますよ。なので話半分で読んでくださいね。

いやね、この人生を思うように生きて行くためには、思い込みをうまく利用することが鍵となると思っているのです。思い込み?そう、思い込みです。
たとえば僕の場合、20代後半になった頃に「人生の転機には僕を正しい方向に導いてくれるキーマンが必ず現れる」ということに気づきました。それまでに何度かの転機を経験しているのですが、思い返してみると、僕は求めていないにも関わらず、必ず誰かが現れて、僕を正しい方向へ導いてくれていたのです。それに気づいてからは「頑張ってさえいれば必ず誰かが見ていてくれているから大丈夫。」と思えるようになりました。ですので僕は何年も先のことなど全く心配していません。いま目の前にあることに一生懸命になっていれば、たとえうまく行かなくなった場合でも、どこからともなく誰かが現れて、手助けをしてくれて、道は勝手に開いてくれるのです。なのでむしろ先のことなど考えていない方がうまくいくのです。これを僕は心の底から信じています。言い方を変えると、そう思い込んでいます。20代後半からの約20年間、この「僕は大丈夫」との思い込みにより、きちんと生きてこれています。

もうちょい分かりやすく書きましょうか。たとえば何か欲しいものがある場合、それがお金でも異性とのお付き合いでも何でもいいんですけど、それを思い込むことで手に入れやすくなります。ここで大事なのはふたつあって、「身の程を知る」ということと、「強く念じる」ということです。身の程を知るってのはちょっと言いすぎた感はありますが、要は、例えば貯蓄が100円の人が明日10億円手に入れたいと思ってもなかなか難しいぞということです。10億円では無く、100円を150円にしたいというところから始めるとベターだということです。異性の場合も同じで、面識も無いにも関わらず俳優さんやアイドルと付き合いたいと思っても難しいですよね。ですので何らかの努力をしたうえでお近づきになり、そのうえで思い込む、つまりはそのお相手とお付き合いして結婚して共に歳をとってお墓に入るところまでを当たり前のように心に思い描くことができるようになれば、うまく行く可能性は高まると思います。知らんけど。
でね、「強く念じる」というところが人それぞれなのでこれはもういろいろやってみて自分にしっくりくるものを見つけていただくしか無いなと思っているのですが、パターンとしてはふたつあって、ひとつは「強く念じたら全てを忘れる」というもので、もうひとつは「ひとときも忘れることなく念じ続ける」というものです。前者は「これでもか!!」とばかりにその思いを強く念じ、それが終わったらそのことの一切を忘れてしまうというものです。「手放す」ということですね。後者は文字通りですが、何をしているときでもその思いを頭の片隅に置いたまま決して忘れないというものです。

というように、まずは努力してある程度の現実を作りだし、それができたらあとは強く念じると。それがね、欲しいものを手にいれる方法、つまりは人生を思うように生きて行く方法です。欲しいものって物質だけじゃー無いですよね。ですのでこの方法というか理論というか、それを使えば自分で描いた通りの人生に近づけると思います。
「どうせ自分にはできっこ無い」とか「あいつは優秀だから」なんてことを考えるのは自由ですし止めもしませんが、人が思うことってあなどれないというか、力を持っているというか、バカにできないものだと思うのです。おそらくは、思いってのは目に見えないくらいに小さいだけであって、実際には物質だと思うのです。物質だからモノに影響を与えることができるものなのです。ですのでマイナスなことを考えている時間があるのなら、自分にとって有益なことを頭の中に思い描き、それを心に擦りこむ方が得策と思えます。

代替医療へ向かう理由

先に説明をしておくと、私は2016年にステージ2の舌癌になり手術をおこない、2018年にはそれが再発してステージ1のものを切除しました。スピリチュアル・ヒーリングなんてものをやる身ではありますが、何かあればすぐに病院へ行って物理的な部分を診ていただくことを信条としているので、その際も迷わずに病院へ行きました。実際に舌癌で入院していた期間もその前後も、自分で自分にヒーリングを施したのは1度だけです。舌癌の場合、術後に口の中に粘液が貯まります。その粘液を止めるために自分で自分にヒーリングをおこないました。すぐに止まりましたよ。その粘液について説明をしますとね、それはとにかくどんどん出てくるんですよ。なので比較的短いスパンで吐き出さないと口の中がそれで埋もれてしまうので、ベッドで仰向けになんて寝ていられないわけです。息ができなくなりますから。なので横向きに寝て、粘液が出てきたらティッシュに吐き出すか、洗面所まで行って吐き出すしかありません。鼻も詰まってくるので、結局は椅子に座る体勢が一番楽です。座っていれば呼吸がしやすいんです。なので手術を終えた日の夜は、ベッドでは無く椅子で一夜を過ごしました。それがね、つまりは仰向けに寝られないというのがね、地味に辛いんですよ。なので術後二日目に「しゃーねーなー」ということで、自分で自分にヒーリングをしてその粘液を止めたということです。

話が長くなりました。ここからようやく本題です。
特に大病をされた方に多いのかな?その病の克服のため、通常の医療行為では無く、代替医療に頼ることを選択する方がいらっしゃいますよね。もしくは両輪で進めるとか。その選択自体には興味が無いと言いますか、それぞれ自由だと思っているのでどの方法をとろうが外野が口を挟むことでは無いと思っているのですが、自分が舌癌になってみて、代替医療に気持ちが向く理由が分かるようになりました。これね、当たり前と言えば当たり前のことなんですが、たとえば癌らしきものが見つかりましたと。次に何をするのかというと、多くの場合はもっと大きな病院に行って検査をすることになると思うのです。そこで検査をおこない、数週間後にようやく「癌です」ということになります。で、そこから治療方針を決定したり、手術の段取りを決めたりするわけです。文章にするとたったの数行ですが、実際には癌らしきものが発見されてから手術を終えるまでに数か月もの月日がかかります。検査も手術も順番待ちをすることになりますから。でもその間に病気って進むじゃないですか。その間、大きな病気であればあるほど、心情的に、何もせずにただただじっとしているわけには行かないわけですよ。なのでその間に自分でできることをしたくなる。それが代替医療であったり、ラジウム温泉に行ったり、高価な水を飲んだりという行為に繋がるのだと思います。統計をとったわけでは無いので推測の域を出るものではありませんが、これね、おそらくは「大病を患った人あるある」だと思います。
なので本来であれば病の発見から手術までの間を短くすることがベストだろうとは思いますが、実際にはなかなかそれも難しいでしょうから、医療行為と代替医療とを併用することはアリだと思っています。宣伝でも何でも無いんですけど、スピリチュアル・ヒーリングってのは、そういうときにこそ利用を検討していただきたいものです。あくまでも通常の医療行為を受けていただくことが先です。その次に、ヒーリングなり、ラジウム温泉なり、乳酸菌なりビワの種の粉なり何なりを検討するのは悪いことでは無いと思っています。