自分の意思

今日は真面目な話を。

どのくらい前のことだったか、母親から癌になったと連絡が来ました。ステージ3でした。記憶が確かなら、その時点で既に転移があったはずです。
その週末に実家に戻ったところ、あの母親がありえないほどに落ち込んでいて、その姿に驚いたというよりは、いつもとの違いっぷりが凄すぎたので、不謹慎ながら少し笑ってしまいました。どんだけ落ち込んでんだと。いや、これ本当に失礼な話なんですが、普段の母親は明るいんです。中学生のころにはハードルの県の記録を持っていたり、ママさんソフトで全国準優勝をしたりと(補欠だけど)、明るくて活発な母親なのです。その母親が癌になり、こちらが何を言ってもネガティブな回答しか言わなくなったので、そりゃ息子としてはその変わりっぷりに笑いも出るわけですよ。生気ゼロですよ。すごかったんだから。
その日はネット通販で購入して届いたばかりの書籍を持って母親に会いました。まだ読んでいないどころか開けてもおらず、しかも購入時に中身も調べずに買った本です。母親から連絡が来たときになぜか「この本は母親にあげるために買ったものだ」と思えたので、そのまま母親に渡しました。『生きがいの創造』だったかな。そんなタイトルの本だったと思います。
次の週だったかその次の週だったかは失念しましたが、再び母親に会いにいくと、あの日のどんよりが嘘のように、ほぼいつも通りの母親がそこにはいました。聞くと、あの本を読んだそうです。本を読んだことが全てだとは思いませんが、病に立ち向かう気持ちが沸き上がり、そして、自分にとって大切なものが分かったと言っていました。そして入院し、治療を受け、無事に帰ってきました。母親は4人部屋に入院しましたが、母以外の3人は他界されました。あれから10年以上が経過しましたが、母に再発はありませんでした。今も元気でやっています。

母を見て思ったのは、母は生きようと思ったから生きているのかもしれないなということです。もちろん医学的に見ればステージ4とステージ3では大違いでしょうから、その部分はもちろんあると思います。でもあの癌を告知された直後の母親と、2度目に会ったときの母親から出る生気の違いを見る限り、それがその後の治療に影響しないことは無いだろうと思えるのです。過去に何度か癌患者の方からのご依頼でヒーリングを施したことがありますが、ヒーリングをしていると、なんとなくわかるものです。多くは言いませんが、なんとなくわかるのです。

自分はどうしたいのか。どうなりたいのか。つまりは自分の意思ですが、それが自分やその周囲に与える影響って大きいと思うのです。ですのでまずは諦めないこと。これほど大事なことは無いように思います。前向きな、ご自分の明るい未来を思い描くことが大切なように思えます。

異端な人

昨日Facebook上に流れて来た話題に「13歳までに感電した経験がある人間は異端な人になる」というものがありました。どういうことかというと、某大学には自己推薦資料と面接だけで合否が決定される枠があり、その枠で入学した人の多くが「変わっている人」だそうで。そこでその試験を経て入学してきた人たちやそれと同類と思われる人を調査したところ、彼らの共通点が「13歳までに感電したことがある」ということだったらしいです。一般入試を経て入学してきた人たちを調べても、その経験は無かったと。真偽のほどは分かりませんが、単純に「面白いな」と思うと同時に、僕も小学生の頃に2度ほど感電をしたことがあるもので、「だからなのかな?」と頭をよぎりました。よく「霊能力は遺伝」と言いますし、実際に僕の周りの霊能者たちも遺伝の要素が強いようですが、僕の家族や親族やご先祖さまにはそのような人間はいないようなので、ずっと「なんでかな?」と思っていました。僕が金縛りにあうようになったのは小学4年生の頃ですし、2度の感電と時期も被っているので、「あんた、感電したから霊だの何だの言うようになったんだよ!」と言われれば、それもあるのかもしれないなと思えてしまう。感電したから幽霊が見えるようになったんだとしたら、なんだか面白いなーと。

ちなみに、感電することで除霊できることもあるようです。憑き物が取れてしまう。あとは転んだりとか。要は身体に物理的なショックを与えると、憑依していた霊がポロリと取れてしまうことがあるみたいです。とはいえ、そんな除霊方法、危険ですからお勧めはしないですけどね。

意地悪な人

普段、ドラマはほとんど見ませんが、昨日は『集団なんとか』というドラマを見ました。テレビを付けっぱなしにしていたらいつの間にかそのドラマが始まっており、そのまま最後まで見続けたということです。初めて見たので正確なところは分かりませんが、ある銀行の蒲田支店の支店長である福山雅治さんが、銀行の上層部の偉い人にいじめられつつも頑張っているというような内容だと勝手に解釈しましたが、そんな感じでいいかしら?ドラマのタイトルも覚えていないくらいですので、間違えていたら申し訳ございません。
で、そのドラマを見ていて思ったのですが、あの意地悪な偉い人は、死んだら地獄に行くのかな?と。意地悪なことをしているのだから地獄に行くのかもしれないなとは思いつつも、でも人生において大切なのはその動機であり、その動機が理に適うものであれば情状酌量されるものだと思っています。つまり、あの意地悪な人がどんなことを思いながら意地悪をしているのか、それ次第だと思うんですね。福山憎しということで、自分でも分かるほどに理不尽な思いを抱きながら悪意を持って意地悪をしているのなら地獄行きだろうなぁと。でもそうでは無く、全くの正当な理由があって意地悪風(自分では意地悪だとは思っていない)なことをしているのなら、地獄行きは免れるのではなかろうかと。その理屈で言うと、財前五郎は地獄には行かないんでしょうね。ま、それは『白い巨塔』ですけどね。

ブログを開設しました

安西ヒーリングのブログを開設しました。

こちらのブログではスピリチュアルな話題に留まることなく、素の部分を出していくつもりです。スピリチュアルに関する真面目な話題は、これまでと同様、コラムのページに書きためていきます。ですのでこちらではもっと気軽に、楽な気持ちで、ツラツラと日常を語って行ければと思っています。

よろしくお願いします。