気力

舌癌が首のリンパに転移をしたことによる頸部リンパ節郭清術の手術を終え、退院をしてからそろそろ2週間が経過します。退院したその日から仕事をはじめていますが、手術をした首や、手術の後遺症として上げづらくなっている左肩あたりには痛みを感じています。さほど大きな痛みでは無いので大丈夫ではありますが、じんじんとした痛みが継続するのは喜ばしくは無いですね。「こんなときこそ自分でヒーリングを!」と思うのですが、痛みのせいで、その気力が湧かないのです。自分の身体が辛い状況にあるとき、これは僕だけに限ったことなのかもしれませんが、なかなか気力って湧かないものですね。ヒーリングをおこなう元気が出ないので、せめて瞑想だけでもやりたいなと思い、いつもの椅子に座って目を瞑っても、その最中に痛みが走るのでなかなか深い瞑想にはなりません。舌癌の手術はこれまでに2度おこなっており、2回とも舌を少し切除しています。その経験上、術後は身体にはさほど影響は出ないものと思っていたのですが、舌と首とは違うものなんですね。そのことを身をもって知ることになりました。身体にメスを入れるということは大きなことなんだなと。勉強になりました。

今回の転移は非常に珍しいものだったそうです。2016年に舌癌が発見されたときにはステージ2、2018年に再発したときはステージ1。その状態から半年後に首のリンパに転移することがまず珍しいことだそうで、確率から言うと数パーセントだそうです。さらに僕の場合は転移した場所が首は首でも鎖骨に近い部分で、それがまた珍しいそうです。多くの場合、首に転移するとしても上の方、つまりはあごに近い部分だそうです。あごに近い部分への転移と鎖骨近くへの転移との違いを先生に問うと、鎖骨近くの転移の場合は、肺に近いぶん、肺への転移がしやすいそうです。つまりは僕の癌はなかなかな速さで転移をしていると。
手術を終え、それから約1週間後に、手術で切り取った首のリンパとその周辺の脂肪の検査結果が出ました。術前に確認をしていた腫瘍2つ以外には目に見える腫瘍は見つからなかったそうです。そして浸潤もしていなかったと。先生が仰るには「想定していた結果のうち、最善だと思われる結果よりも良い結果だった。」ということでした。術後の放射線治療は必須だと考えていたようですが、それも任意になりました。6/24の日記にも書きましたが、術前には自分で自分にヒーリングをおこなっていました。あのときには腫瘍が消えればいいと思いながらヒーリングをおこなっており、結果としてそれが無くなることはありませんでしたが、今回先生が思う結果よりも良い結果が出たというお話を伺って、もしかするとあのときのヒーリングが功を奏したのかもしれないなと頭に浮かびました。消えはしなかったけど、止めてくれてはいたのかなと。
現状は「目にみえる転移は認められない」という状況であり、目に見えない転移に関してはその範疇にありません。極々小さな腫瘍がまだ残っている可能性はゼロでは無いということです。ですので100%の安心ができる状況ではありませんので、先生としては引き続き放射線治療をおこなうことをひとつの選択肢として、僕に提案をしてきています。「任意ですが」ということで。それを決断する猶予は2か月あるとのことでしたので、現時点では放射線治療はお断りしました。気が変わればお願いすることにしますが、ひとまずは、少しゆっくりしようかなと思っています。

そして今朝になり、理由は全く分からないのですが、現在とてもいい気分でいます。痛みが続いているのでなかなか気分を上げることができずにいましたが、なぜか今はいい気分です。ですのでこのまま自分へのヒーリングも復活させようと思います。何をするにも気力って大事です。と言いますか、必要なものです。それが自分のなかに認められる今、病からの回復はもちろんのこと、今後の人生の展望についても前向きに考えてみるつもりです。何をするにもまずは気持ちから、ですね。

良いもの、悪いもの

僕ね、思うんです。神さまは全知全能ですから、この世に不必要なものはお作りにならないであろうと。でも世の中には争いごとが起きるわけで、おかしな事件も起きていますよね。ということはつまり、僕らが「どうしてこんなおかしなことが起きるのか」と思えるようなことであっても、神さまから見れば必要なものだということだと思うんです。必要なものと言うよりは、それも神さまの一部であるということでしょうか。本当に不必要なものであればこの世に現れるわけが無いわけで、ということは、僕ら人間は宇宙にとって必要な存在だということになると思います。不必要なものであれば、とっくの昔に絶滅しているか、もしくは最初から創造されなかったであろうと思うのです。
でね、争いごとばかりしている僕ら人類が神さまにとって必要な存在だということはですよ、今僕の首のリンパにある癌も、僕にとって必要なものなのかもしれないなと思えるのです。人類が神さまの一部であるように、癌も僕の一部なんだろうなと。いや、もちろん無い方がいいですよ。無い方が安心ですもの。でもそこにあるということは、なんだろう、もちろん意味はあるものなんだろうし、悪いもの…ではあるんだろうけど、完全なる悪では無いんじゃないかなとも思えますし。
ともかくは、癌も僕の一部です。ですので「この悪者め!切り捌いて捨ててくれるわ!シッシッ!」ってのもちょっと違うかなと思え、そうでは無く、まずは僕の一部であることを受け入れて、こうなるまで気づかずに放置してしまっていたことに謝罪をして、そして癒してあげるというね、なんかこの流れの方がしっくり来るんですよね。なのでこう、身体の部分はお世話になっている先生(ドクター)にお任せするとして、心に対しては謝罪と癒しの気持ちを送ろうと思います。

さて、明日から入院です。