考えていること

遠隔ヒーリングのモニターを募集したいなと考えています。

本業が多忙になったことで2012年に安西ヒーリングとしての活動を停止し、昨年の5月にWebサイトと対面以外のサービスを再開させていただき現在に至ります。その間、スピリチュアル・カウンセリングにしろヒーリングにしろ、これまで通りのやりかたではなく、もっと自分にマッチしたやりかたと言いますか、もっとこう「ガツン」と来るような手法があるのではないかという思いから、その方法の模索をしていました。スピリチュアルほにゃららってね、いろいろな方がいろいろな方法でおこなっているのです。2012年までの自分の手法は自分オリジナルのやり方でして、それはそれで自分の長所を前面に出せるので良いのですが、もしかするともっと良い方法があるのかもしれないし、もしあるのであればそれを知らないことは勿体ないことだなと思え、そのあたりの勉強を進めていました。結果はどうだったのかというと、世界中にあるすべての手法を試したわけでは無いので「こうでした」とは言い切れないものの、なんと言いますか、ヒントのようなものは得られたのかなと思っています。でも核となる部分とでも言うんですかね、その部分はやはり自分オリジナルの手法で行くべきと思えました。
これからも勉強は続けます。この世界、偏ってしまうことが一番怖いですから。ですので歩いては立ち止まり、確認をして、また歩き出す、ということを繰り返していきたいと思っています。

ということで話を元に戻しますが、時期はまだ未定ですが、遠隔ヒーリングのモニターを募集したいなと考えています。モニターですのである種実験的な要素を含んでいるということから、私の友人・知人限定での募集とさせていただくつもりです。料金は条件付きで無料。その条件を難しいと考える方は、料金として1,000円をお支払いいただこうかなと思っています。条件は、その内容は何でも構わないのですが、世の中にとって有益であろうことを実施していただくことです。ものすごいことをしていただきたいわけでは無く、例えば道に落ちているゴミをひろってゴミ箱に入れていただくだけでも良いです。それを毎日続けろということでは無く、拾いたいと思ったら拾っていただければよいかと。滅多に連絡を入れていない家族に連絡を取るのでもよいでしょうし、ホント、なんでもいいと思っています。とにかくは、世のためになること、誰かの喜びにつながること、そんなことを実践していただければなと思っています。で、モニターとして、遠隔ヒーリングを受けた感想とでも言いますか、こちらからの質問(数問を予定)に対してメールにてご回答をいただこうかなと考えています。
「そもそも遠隔ヒーリングって何さ?」とお思いのあなた、深く考えなくて大丈夫です。受ければ分かる。受けなければ分からない。受けてみて「いいものだな」と思えたらまたどこかで誰かの遠隔ヒーリングを受ければいいと思います。

ということで、もろもろ確定次第、募集を開始する所存です。誰かしら応募してくれますように。よろしくお願いいたします。